Cybertruck をモチーフにした近未来的住居 “Cyberhouse” が登場

ロシアのデザイン会社「Modern House(モダン ハウス)」 が、「Tesla(テスラ)」から発表されたピックアップトラック型電気自動車 Cybertruck(サイバートラック)をモチーフとした住居、その名も“Cyberhouse”の建設プランを発表した。

この“Cyberhouse”は3,230平方フィートの床面積を誇る2階建て住居となっており、コンクリートと鉄を使用した外観からは、近未来的な雰囲気が漂う。装甲窓、跳ね橋として機能する鋼鉄の門、Cybertruck専用スペース、車両を地上に降ろすエレベーターなど、同車の美学を落とし込んだ重厚な設備が随所に見られる。さらには、核兵器やゾンビの脅威から居住者を守るための“斜め上を行く”機能までも備えているということで、まさにSF映画に登場する未来の住居と言えるのではないだろうか。

「Modern House」の主任建築家は「このプロジェクトは仮想のものとして構想されましたが、驚くべきことに、私たちはすでに最初の申し込みを受け取っています」とコメントした。

気になるCyberhouseの価格は、ベースモデルで86万5,000ドル(約9,300万円)から。まずは建物のディテールを映した映像を上のプレイヤーからチェックしてみよう。

In related news, legendary futurist and concept artist Syd Mead — known for his work on Blade Runner — has passed away at 86 years old.

過去最高を記録した「Tesla」の2019年の販売台数もあわせて確認してみてはいかがだろうか。