イーロン・マスクが Cybertruck の窓ガラスが割れた原因について釈明

発表からわずか2日間で予約台数が14万6,000台に達した「Tesla(テスラ)」初の電動ピックアップトラック型自動車Cybertruck(サイバートラック)。先日、そんな話題沸騰中の1台を発表するイベントが開催されたが、その中で信じられない出来事が発生した(ことは多くの人が既にご存知だろう)。

Cybertruckの堅牢性を実証するために、同社の主任デザイナー Franz von Holzhausen(フランツ・フォン・ホルツハウゼン)が鉄球をサイドウィンドウに向けて投げるというデモンストレーションを実施。ここで窓ガラスはビクともしないと思いきや、まさかのひび割れが発生。会場が微妙な空気に包まれる中、挽回のため今度は後部座席のサイドウィンドウに投球するが、こちらも結果は変わらず。同車のPRのための発表イベントだったわけだが、まさかのネガティブキャンペーンとなってしまった。

この予想外の出来事に関して、同社のCEOであるElon Musk(イーロン・マスク)が自身のTwitterにて釈明。Musk氏によると、同イベント中にHolzhausen氏がハンマーを使用してCybertruckのボディをぶっ叩くという一幕があり、この時の衝撃により窓ガラスの基部が割れ、構造的完全性に問題が発生。そして、その後の鉄球を使用したデモンストレーションに耐えられなかったとのこと。

イベント直前に撮影されたとされる同様の鉄球テストを行っている動画も投稿されており、ここでは窓ガラスは割れることなく鉄球を跳ね返している。まずはその動画を下記よりチェック。

「Ford(フォード)」社のF-150との綱引き動画はチェック済み?