Tesla の2019年における販売台数が過去最高を記録

2019年末には、自社の株価が史上最高額に達するなど、好調の波に乗る米電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」。そんな同社の2019年における販売台数は過去最高となる36万7,500台を記録し、テクノロジー系のニュースサイト『The Verge』によると、これは同社の過去2年間の販売台数の合計を上回る脅威的な数字だという。また、同社は第4四半期だけで11万2,000台の車両を生産したことを明らかにした。その内訳は、Model 3sが92,500台、Model S/Xsが19,450台となっている。第4四半期でのModel 3sの販売台数は、前年同期比46%増を記録。

Model YやCybertruckといった新型モデルを打ち出した2019年は、「Tesla」にとって重要な1年となったようだ。中でも、ピックアップトラック型電気自動車 Cybertruck(サイバートラック)は大きな話題を呼び、現時点でその予約台数が20万台にまで達している。加えて、同社は中国・上海に巨大工場を建設し、車両の現地生産を開始。輸出および関税のコストを削減しつつ、急速に拡大する中国市場で売り上げを伸ばしたい考えだ。

『HHHYPE』がお届けするその他オート関連の情報もお見逃しなく。