ポップアートの旗手 アンディ・ウォーホルの大回顧展が2020年9月から京都にて開催決定

Marilyn Monroe(マリリン・モンロー)や「Campbell(キャンベル)」のスープ缶など、大衆文化と消費社会を背景に持つ作品を次々と生み出したポップアートの旗手、Andy Warhol(アンディ・ウォーホル)。そんな彼の唯一無二の世界観を体感できる大回顧展“ANDY WARHOL KYOTO(アンディ・ウォーホル・キョウト)”が、2020年9月19日(土)より京都の『京都市京セラ美術館』で開催される。

本展では、アメリカ・ピッツバーグにある『The Andy Warhol Museum(アンディ・ウォーホル美術館)』の所蔵作品が展示され、Worhol本人がイラストレーターとして活動していた1950年代の希少な初期の作品から、彼自身の黄金期である1960年代に制作された“Death and Disaster(死と惨事)”シリーズをはじめとするキャンバス作品、そして実験的な要素も垣間見える映像作品まで、計200点を超える作品を楽しむことができる。

“ポップアート”という新たな芸術ジャンルを作り上げた第一人者でもあるAndy Warhol像に迫ることができる本回顧展は、京都単独で開催される模様。まずは下記から詳細情報をチェックし、期間中に京都へ行く予定のある方は、是非足を運んでみてはいかがだろうか。

ANDY WARHOL KYOTO / アンディ・ウォーホル・キョウト

会期:2020年9月19日(土)〜2021年1月3日(日)
会場:京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ
主催:京都市、アンディ・ウォーホル美術館、ANDY WARHOL KYOTO実行委員会
企画:imura art planning、ソニー・ミュージックエンタテインメント
オフィシャルサイト:andywarholkyoto.jp/
公式SNS:TwitterInstagramLINE

『HHHYPE』がお届けするその他のアート関連ニュースもお見逃しなく。