『攻殻機動隊』の完全新作となる漫画『攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHM』の連載がスタート

世界的に高い評価を得るSF作品の金字塔『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』。今回、1991年から1996年の間に連載された士郎正宗の原作『攻殻機動隊1.5 HUMAN ERROR PROCESSER』をベースにした完全新作となる『攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHM』の連載が開始。

新作の『攻殻機動隊』では、主人公の草薙素子がネットに姿を消してしまった世界における公安9課メンバーの日常を描く。主要登場人物であるトグサ、バトーを中心に、新キャラのツナギといったキャラクターが日本各地で起こる難事件を解決していく物語。本作は漫画アプリ『コミックDAYS』にて現在配信中となる。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のエンターテインメント情報もお見逃しなく。