Timberland と mastermind JAPAN が再びコラボレートコレクションをリリース

米東海岸のボストンで発祥以来、他に類を見ないアウトドアライフスタイルブランドとして老若男女から愛されてきた〈Timberland(ティンバーランド)〉が、〈mastermind JAPAN(マスターマインド・ジャパン)〉と再び手を組み、新作のコラボレートカプセルコレクションを世に放つ。

カタチは違えど、妥協なきものづくりで共鳴する両者の2019年秋冬コレクションでは、関係性をさらに深め、昨年の取り組みを凌駕する仕上がりに。本間正章氏の哲学である、高級感溢れるオールブラックの美学を根幹に据え、〈Timberland〉が65年以上の歴史で培った伝統的なアウトドアの要素と確かなクラフトマンシップを融合させたフィールドブーツ、ウェザーブレイカージャケット、フリースジャケット、パーカー、レインパンツ、スウェットパンツ、Tシャツの全7アイテムを展開する。

フィールドブーツは、イエローブーツやモカシンと並ぶ〈Timberland〉のアイコンモデルのひとつ。堅牢な仕様はもちろん、コントラストの際立つアッパーのパネリングはデザイン性も高く、90年代に誕生以降、リアルなキャンパーたちはもとより、Boot Camp Clik(ブート・キャンプ・クリック)が愛用していた背景などもあって、ストリートでも根強い人気を誇る。両者のアイデンティティが落とし込まれた本作は、ダークブラウンとブライトブラックを基調とし、快適な履き心地のインソールとウォータープルーフ機能を維持しながら、ブーツ各所にアイコニックな〈mastermind JAPAN〉のスカルを配置。都会での機能性と高級感が同居する一足は、履きまわしにも決して困ることはないはずだ。

また、アパレルは〈Timberland〉の膨大なアーカイブから厳選し、伝統的なアウトドアアイテムを復刻。ウェザーブレイカージャケットとレインパンツは、〈mastermind JAPAN〉の世界観を表現するブラック/ホワイトのシンプルなコンビネーションで構成され、クロスボーンスカルはリフレクター、さらに防水技術であるDRYVENT™を搭載することで機能性も申し分ない。一方、防寒性の高いフリースジャケット、パーカー、スウェットパンツなど秋冬の定番アイテムは、レトロな印象とモダンさが共存する、非日常的なアウトドアスタイルを提案する。

〈Timberland〉x〈mastermind JAPAN〉のクリエイティビティが結晶した同コレクションは、2019年11月9日(土)より、世界各国の〈Timberland〉限定店舗および〈mastermind JAPAN〉のオフィシャルディーラーにて数量限定発売。国内の取扱情報は、以下リストからご確認を。

Timberland x mastermind JAPAN 2019年秋冬コレクション 取扱店舗一覧

Timberland 伊勢丹新宿PC4
Timberland 公式オンラインショップ
一部のmastermind JAPAN オフィシャルディーラー
※店舗により、取り扱いモデルやカラー、サイズが異なる場合があります。