荒木飛呂彦や浦沢直樹らが2020年東京オリンピックの公式アートポスターを制作

2020年東京オリンピックの開幕まで1年を切ったが、ここにきて「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」が、同大会の公式アートポスターを制作する“東京2020公式アートポスター・プロジェクト”の参加メンバーを発表した。

同プロジェクトは、アーティスト選定委員会とオリンピック文化遺産財団によって選出された国内外のアーティストがオリンピックまたはパラリンピックをテーマにした作品を制作するもの。その参加アーティスト陣には、『20世紀少年』などで知られる漫画家の浦沢直樹、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』を手がける漫画家の荒木飛呂彦、グラフィックデザイナーの佐藤卓、写真家であり映画監督の蜷川実花ら合計18名が名を連ねる。その他の制作メンバーは下記よりご確認を。

オリンピックをテーマとする作品の制作者:
浦沢直樹(マンガ家)
大竹伸朗(画家)
大原大次郎(グラフィックデザイナー)
金澤翔子(書家)
鴻池朋子(アーティスト)
佐藤卓(グラフィックデザイナー)
野老朝雄(美術家)
ホンマタカシ(写真家)
テセウス・チャン(アートディレクター)
ヴィヴィアン・サッセン(写真家)
フィリップ・ワイズベッカー(アーティスト)

パラリンピックをテーマとする作品の制作者:
荒木飛呂彦(マンガ家)
柿沼康二(書家)
GOO CHOKI PAR(グラフィックデザイナー)
新木友行(アーティスト)
野老朝雄(美術家)
蜷川実花(写真家・映画監督)
森千裕(美術家)
山口晃(画家)

『HHHYPE』がお届けするその他スポーツ関連の情報もお見逃しなく。