tone が2019年秋冬シーズンの最新ルックブックを公開

デザイナーの前出卓久が手がけ、ファッション業界内にもファンが多い東京拠点の実力派メンズブランド〈tone(トーン)〉が2019年秋冬シーズンの最新ルックブックを公開。

着る人の個性を引き立てることをブランドのコンセプトに掲げ、選りすぐりの素材を生かしたシンプルでモダンなアイテムを追求する〈tone〉。2019年秋冬シーズンでは、イギリスのユースカルチャーを着想源とした過去数シーズンのデザイン文脈を踏襲しながらも、より大人の男性像を追求したコレクションを展開。イギリス・ヨークシャー州で創業された名門ファブリックブランド「Brisbane Moss(ブリスベンモス)」からモールスキンやコーディロイを取り寄せてコートやシャツジャケット、トラウザーを製作したほか、1943年に英国空軍の耐水服素材として開発されたVentile(ベンタイル)を使用したミリタリージャケットやオーバーパンツを製作するなど、イギリスの伝統的な素材が多用されている。ブランドの中核を成すカットソー類はオリジナルの生地開発に力を入れ、普遍的なアイテムを現代的なシルエットで提案する。

また、アジア文化を独自の視点から切り取ってプロダクトに落とし込む大阪拠点の新鋭ブランド〈rajabrooke(ラジャブルック)〉とのコラボレーションも実現。マレーシアに代表されるテキスタイルのバティック柄と、英国テキスタイルをモチーフにしたペイズリー柄を掛け合わせたオリジナルパターンを用いたリバーシブルアノラックとリバーシブルストールが展開される。

まずはそのルックビジュアルを上のフォトギャラリーから確認してみよう。『HHHYPE』がお届けするその他の最新ファッション関連ニュースの数々もお見逃しなく。