国内最大手のアナログレコードプレスメーカー 東洋化成と WAVE のコラボレーションアイテムが発売

1980〜90年代後半にかけて、“音と映像の新しい空間” として音楽や映画、アート等を横断するカルチャー発信基地のような存在だった伝説的なレコードショップ 『WAVE(ウェイヴ)』。同ショップは、人気ブランド〈MISTERGENTLEMAN(ミスタージェントルマン〉を手がけるオオスミタケシと吉井雄一が中心となり、2019年11月にリニューアルオープンした『渋谷PARCO(シブヤ パルコ)』にkioskスタイルのショップとして再スタートした。そんな同ショップと、1959年創業の日本国内最大手のアナログレコード、CDパッケージの製造メーカー「東洋化成(とうようかせい)」によるコラボレーションアイテムの発売が決定。

近年の潮流である音源のデジタル化や配信の隆盛に伴い、日本国内の数々のレコードプレス工場が姿を消していった中で、60年以上に渡りアナログレコードのカッティングからプレス、パッケージ印刷までの全てのプロダクションを請け負い、日本のみならずアジア全域のレコード産業を牽引してきた。 今回のコラボレーションでは、東洋化成のアナログレコードへのこだわりである「デジタルにはない“人の温もりを”。」 をテーマに掲げ、同テーマと両者のロゴをプリントしたアイテムを展開する。第1弾として、 1月11日(土)に スウェットとTシャツ、第2弾として1月末にレコードバッグを発売する。 カラーリングは、スウェットがグレーとブラックの2色、Tシャツとレコードバッグがグレー、ブラック、ホワイトの3色展開。価格は、スウェットが15,000円、Tシャツが6,500円、レコードバッグが6,000円(全て税抜)となる。

音楽フリークでなくても是非チェックしたい本コラボレーションは、前述の通り、1月11日(土)より第1弾が『WAVE 渋谷 PARCO』、『THE CONTEMPORARY FIX 京都』内のWAVEコーナーにて発売開始。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。