TOYOTA があらゆるスマート機能を導入した実証都市の建設計画を発表

日本発の世界的自動車メーカー「TOYOTA(トヨタ)」は、人々の暮らしを支えるあらゆるモノやサービスが繋がる未来都市を建設すると発表した。

アメリカ・ラスベガスで開催されている世界最大級のIT&家電カンファレンス「Consumer Electronics Show 2020(通称、CES)」にて発表されたプロジェクト“Woven City(ウーブン・シティ)”。富士山の裾野に建設予定のこの都市には、デンマーク出身の世界的な建築家 Bjarke Ingels(ビャルケ・インゲルス)が参画。自動運転、モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)、パーソナルモビリティ、ロボット、AI(人工知能)技術、スマートホーム機能など、あらゆる最先端テクノロジーを、人々が生活するリアルな環境で導入・検証することによって、新たな価値やビジネスモデルを生み出し続けることを目標としているという。

2020年末に閉鎖される同社の製造工場(静岡県裾野市)の跡地を拡張させ、将来的には175エーカー(約7万8,000平方メートル)の面積を持つ“Woven City”。建設初期は参画する従業員やプロジェクトの関係者を含む2,000名程の住民が実際に暮らすことを想定しており、2021年初頭の着工が予定されている。豊田章男社長は「架空とリアルの世界の両方で、このような最先端技術を実証することで、街に暮らす人々、建物、車などあらゆるモノとサービスが情報でつながることによる潜在力を最大化できると考えている」とコメント。そんな「TOYOTA」の野心的なプロジェクトの概要を、上の映像から確認してみてはいかがだろうか。

『HHHYPE』がお届けするそのほかのデザイン関連情報はこちらから。