Saint Laurent がラッパーの Travis Scott を起用した 2019年春夏キャンペーンビジュアルを発表

デザイナーのAnthony Vaccarello(アンソニー・バカレロ)手がける〈Saint Laurent(サンローラン)〉が、モデルにラッパーのTravis Scott(トラヴィス・スコット)を迎えた、2019年春夏コレクションのキャンペーンビジュアルを公開。Travisは2017年のスプリングキャンペーンにも登場しており、現在では閉店してしまったパリの老舗ストア『colette』でのプロジェクトにおけるコラボLPの制作など予てから親交の深い両者。

そして今回、世界的ファッションフォトグラファーのDavid Sims(デイビット・シムズ)が撮り下ろした最新のキャンペーンビジュアルは、同ブランドが誕生したフランスの高級住宅を象徴するブラックとホワイトのモノクロームで仕上げられ、ラグジュアリーなムードと気品を醸し出す。本ビジュアルでTravisは、スパンコールやジュエリーを大胆にあしらったジャケットや、モダンなスーツに身を纏い登場。上のフォトロールより、そんな最新のキャンペーンビジュアルを確認してみよう。

TravisとKylie Jenner(カイリー・ジェンナー)が約15億円の大豪邸を購入したニュースはチェック済み?