UNDERCOVER がウィメンズランウェイの休止を発表

あの川久保玲も才能に惚れ込む天才デザイナー、高橋盾が2018年秋冬コレクション“we are infinite”をもって、〈UNDERCOVER(アンダーカバー)〉のウィメンズのランウェイ休止を発表。だが、90年代より東京のファッション界を牽引する同氏はそれに代わるものとして、パリに乗り込みメンズのショーを開催する意向を明かした。

盾です。レディースコレクション無事終わりました。この”we are infinite”のショーをもってしばらくレディースのショーをお休みします(もちろんデザインは続けます!)。それに代わり、6月からパリコレクションでメンズのショーを始めるという一大決心をしました。僕自身めちゃくちゃ楽しみです!皆さん楽しみにしていてください。

また、『BUSINESS OF FASHION』はデザイナーが寄せた以下のコメントを紹介している。

ウィメンズウェアのデザインを楽しむ一方で、僕にとってコンセプトがしっかりとしたウィメンズのショーを作り上げるには、もっと極端な洋服をデザインする必要がありました。ランウェイで高い評価を受ける十分なクリエイティビティと着やすさのバランスを取ることは骨の折れることです。その一方で、僕とってインパクトのあるショーを作るのは重要なことだし、同時に僕は自分がデザインした洋服を着てもらうことが好きですから。逆に、コンセプチュアルなランウェイを作るために、極端なメンズウェアを作る必要はないと感じました。加えて、ここ数年で僕のメンズウェアのデザインは進化したと自負しています。これがPitti Uomoのショーの準備をしている時に感じたことです。すでに頭の中にはいくつかのアイデアがあって、6月のショーはユニークなものになり、その他のメンズのショーとは違うものを披露することができると思います。

果たして、3ヶ月後のパリにはどのような景色が広がっているのか、〈UNDERCOVER〉の今後の展開に一層の期待がかかる。あわせて、休止前の最後のウィメンズショーでベールを脱いだ〈Nike(ナイキ)〉との最新コラボシューズもお見逃しなく。