HHHYPE が厳選した UNIQLO UT 2019年春夏シーズンの主役級コンテンツ

〈UNIQLO(ユニクロ)〉によるグラフィックTシャツレーベル〈UT(ユーティー)〉が、2019年春夏シーズンに向けた1,000枚以上からなる最新コレクション群の全貌を明らかにした。2014年からNIGO®️(ニゴー)がクリエイティブ・ディレクターを務め、昨年末にはKAWS(カウズ)と『Sesame Street(セサミストリート)』を招聘したトリプルコラボレーションが記憶に新しい〈UT〉であるが、その厳選されたコンテンツは着る者の個性や価値観を表現するLifeWearとして世界規模で支持を得ている。

レジェンド級から新進気鋭のアーティスト、漫画やアニメといった日本のサブカルチャー、有名ゲームのなかから飛び出してきたキャラクターなど、万人の心を掴む旬なポップカルチャーが多数ラインアップする今シーズンは、2018年春夏から続く“WEAR YOUR WORLD(好きを着つくせ!)”というスローガンを継承。本稿では、着る者の性差や年齢を問わず、ファッションの本質を再認識させてくれる〈UT〉2019年春夏シーズンのコンテンツ群から、『HHHYPE』の独自の視点で抽出した“珠玉のアイテム群”を一挙ご紹介。

熱狂的なファンでも追い付かないほど豊富なバリエーションを展開する〈UT〉だが、日本人ならまず押さえておきたいのがサブカルチャーである。今年で誕生40周年を迎えるTVアニメ版『機動戦士ガンダム』の名シーンを切り取り、特別なデザインに仕上げた“機動戦士ガンダム40周年記念UT”を筆頭に、「任天堂」が誇る新旧ゲームソフト『スーパーマリオ』と『スプラトゥーン』のキャラクターや世界観を表現した“Nintendo”シリーズ、世代を超えて愛される『名探偵コナン』や『ONE PIECE』など大人気漫画にフォーカスした“MANGA UT”など、ストリートヘッズたちの青春を支えてきた名作の数々がTシャツとして再び蘇る。

インディペンデントマインドを持った世界のブランドのロゴや名品をモチーフとした“THE BRANDS”も見逃せないコンテンツだろう。音楽シーンに欠くことのできない存在である「Fender(フェンダー)」やドイツ発の自動車メーカー「Volkswagen(フォルクスワーゲン)」がこのカプセルに名を連ねている。そして、世界が注目する日本の食文化からは、海外観光客の影響で人気が高まる酒造をモチーフにした“SAKAGURA”シリーズもラインアップ。その他にも、「服とアートが出会う場所」をコンセプトに掲げるプロジェクト“SPRZ NY”では、ポップアート界の巨匠 Andy Warhol(アンディ・ウォーホル)やKeith Haring(キース・ヘリング)とのアートT、ニューヨークを拠点にするアーティストのJason Polan(ジェイソン・ポラン)が『AVENGERS』をはじめとする「MARVEL(マーベル)」のスーパーヒーローを描いたコラボT、90年代に誕生した老舗スケートカンパニー「GIRL SKATEBOARDS(ガールスケートボード)」とのチームアップT、毎シーズン好評の「Disney(ディズニー)」との“MAGIC FOR ALL”プロジェクトなど、完売必至の黄金タッグが目白押しとなっている。

THE BRANDS Bicycle

THE BRANDS feat. Fender

THE BRANDS feat. Volkswagen

THE BRANDS Hawaiian Loco

GIRL SKATEBOARDS

GUNDAM 40th Anniversary

MICKEY BLUE

MARVEL ✕ JASON POLAN

MICKEY ART

Nintendo Splatoon

Nintendo SUPER MARIO FAMILY MUSEUM

これらコンテンツは、2018年12月上旬より全国の〈UNIQLO〉店舗およびオンラインストアにて順次販売中。まずは〈UT〉2019年春夏コレクションの全貌をこちらよりチェックし、オリンピック2大会連続銀メダリストのスノーボーダー・平野歩夢も登場する2019年春夏リーフレットも〈UNIQLO〉店頭および商品サイトで確認してみよう。

その他、『HHHYPE』による〈UNIQLO〉関連の最新トピックもお見逃しなく。