UNITED ARROWS & SONS がありったけのスタイルを詰め込んだ2019年冬のルックブックを公開

ファッションの震源地である東京において最も“スタイル”のあるセレクトショップ『UNITED ARROWS & SONS(ユナイテッドアローズ アンド サンズ)』が、2019年冬のルックブックを公開した。

ニュートラル・クラシックを追求した今秋の続編は、トラッドからカジュアルまで幅広いコーディネートを提案。打ち込みのしっかりしたウールツイルを比翼ボタンのノーステッチデザインでミニマルに仕上げ、内側には収納性を考慮し複数のポケットを設けたコート、4種類の編地をパーツで切り替えたクルーネックのセーター、鳶服のディテールを取り入れた独特なシルエットのニッカパンツ、暖色のアーガイル柄が目を引くモヘア混のジップアップカーディガンなど、洋服の歴史と時代性を熟知した『UA & SONS』のオリジナルピースは、今冬に限らず、長きにわたってワードローブを満たしてくれるだろう。また、今シーズンは、アイビーな世界観でお洒落な紳士たちを魅了する〈ROWING BLAZERS(ローイング ブレザーズ)〉のブレザーや、〈FIRST DOWN(ファーストダウン)〉〈DESCENTE ALLTERRAIN(デサントオルテライン)〉のダウンジャケットといった別注アイテムも登場する。

タイドアップやタートルネックを取り入れた首回りのレイヤードと色使いも非常に参考になる『UNITED ARROWS & SONS』のルックブック。彼らの提案が詰まった上のフォトギャラリーをチェックしたあとは、本格的な冬の到来に先駆けて、原宿店またはオンラインストアから足りないピースを今のうちに買い足しておこう。

世界トップクラスのファブリックメーカー「小松マテーレ」の生地を使用した“UNITED ARROWS & SONS by DAISUKE OBANA”の最新コレクションもお見逃しなく。