Vans が来たる2020年の子年を祝して “Year of the Rat” コレクションを発表

〈Vans(ヴァンズ)〉が、中華圏における旧正月を記念し、中国・北京/アメリカ・ロサンゼルスを拠点とする中国人アーティスト Zhao Zhaoとコラボレーションしたスニーカー “Year of the Rat”をリリース。2020年の子年(ねずみどし)にちなんで、ストリートを徘徊するネズミと都市の様々な要素からインスピレーションを受けたデザインに仕上がっている。

ベースとなるのは、Sk8-Hi、Era、Comfycush Slip-Skoolの3型。Sk8-Hiは、地下通路のようなデザインをあしらったモノトーンカラーのアッパーに加え、アウトソールにはクリア素材を採用。Eraは、ミッドソールからアッパーまで、ネズミを連想させるオールグレーのビジュアルに、レザーパッチの縫い付けられたヒール部が印象的な仕上がりに。またシューレースなどにピンクの差し色を使用。Comfycush Slip-Skoolは、アッパーの一部が半透明の素材で覆われ、透けて見えるネットワークを模したグラフィックが特徴的。また全てのモデルに、ネズミの尻尾をつけた“Off the Wall”ロゴを配したヒールパッチを採用している。

これらのコラボスニーカーは、今コレクションを記念したオーバーサイズのフーディと共に、12月31日(現地時間)よりアジア圏の〈Vans〉リテーラーにて販売開始。

『HHHYPE』がお届けするその他のスニーカー情報は、こちらから。