Vetements 2018年春夏イベント “NOSHOW” の来場者たちは何を着てきた?

先日、今後は従来のシステムの中でランウェイショーを開催しないことを発表したことでも話題を集めた〈Vetements(ヴェトモン)〉が、フランス・パリのとある多層式駐車場で開催した“NOSHOW”と題したイベントにフォーカス。そこでは〈Vetements〉デザイナーのDemna Gvasalia(デムナ・ヴァザリア)本人がチューリッヒの街で撮影した最新コレクションのルックブックを展示した。またそこには〈COMME des GARÇONS(コム デ ギャルソン)〉を手掛けるデザイナーの川久保玲をはじめ、多くのファッショニスタたちがブランドの特長でもあるユニークなシルエットとテキスタイルで遊んだアーバンラグジュアリースタイルで登場。まずは上記のギャラリーからその来場者たちのユニークでパワフルなスタイルをチェックしてみよう。