2019年は米国内のアナログレコードの売上がCDを上回る見込みか?

米国内のレコード会社やレーベルの加盟する「Recording Industry Association of America(RIAA、アメリカレコード協会)」が2019年上半期における音楽業界の収益レポートを発表。本レポートによれば、2019年はアナログレコードの売上がCDの売上を上回る見込みで推移している。これが実現すれば1986年以来初の出来事。

音楽ビジネスの主流はもちろんストリーミングに変わりはないのだが、そのコレクター性の高さもあって、近年アナログレコード人気は再燃しつつある。アナログレコードの2019年上半期の収益は224.1万ドル(約240億円)となり、2018年上半期と比較すると12.9%増。一方のCDは247.9万ドル(約265億円)となり、0.8%増。このままの勢いで推移していけば、2019年はアナログレコードの収益がCDのそれを上回ることとなる。

東京のレコ屋ガイドはチェック済み?