visvim の Indigo Camping Trailer がパリ・ファッション・ウィークで海外初出展

表参道『GYRE』でもお馴染み、〈visvim(ビズビム)〉が展開するコンセプトショップ『F.I.L. Indigo Camping Trailer』が遂に日本国外を飛び出し、パリ・ファッション・ウィークに登場した。

『F.I.L. Indigo Camping Trailer』は中村ヒロキにとっても特別なプロジェクトのひとつである。「均一化された現代社会において、よりパーソナルなものを」、そんな想いのもと、コマーシャルなショッピングビルのような場所で、あえて実験的でエッジのあることができないかなと考えて誕生した同コンセプトは、ヴィンテージのキャンピングトレーラーを室内へと持ち込み、まるでフリーマーケットが開催されているかのような錯覚に陥らせてくれる。

等身大の〈visvim〉といっても過言ではないパリのストアは、ブラック/レッドのトレーラーの前に折りたたみ式のテーブルや積み上げたトランク、パラソルなどを設置した夢のような非現実的空間が広がる。そこではロゴプリントのICT Tシャツやパッチワークデニム、チェッカーボードTシャツなど、特別なタグがあしらわれ、裏地にプリントを施した『ICT』の限定プロダクトが販売されているほか、中村氏自らがコレクションするヴィンテージウェアやアクセサリーなども展示されている。

昨今の個性的なストリートも良いが、やはり中村ヒロキのクリエイションは忘れかけていた大切なものを思い出させてくれるものだ。是非この機会に、上のフォトギャラリーから『F.I.L. Indigo Camping Trailer』のパリ出展の様子をチェックしてみてはいかがだろうか。

『HHHYPE(ハイプビースト)』がお届けするその他のファッショントピックスは、こちらからどうぞ。