デニムと独創的なパターンで魅せた White Mountaineering 2018年春夏コレクション

〈White Mountaineering(ホワイト マウンテニアリング)〉がパリファッションウィークにおいて、2018年春夏コレクションを発表した。昨シーズンはレスキュー隊、ミリタリー、警官などにヒントを受けた力強さと重量感のあるランウェイを披露したが、今季は一転、色とりどりのデザートブーツ、〈adidas〉が誇る不朽の名作 Superstar、そしてオープントゥのサンダルといった豊富なフットウェアとともに、〈WM〉らしいディテールワークの際立つライトウェアを中心とした構成に。中でもウォッシュをかけた薄めのデニムや薄めのカーキ、ブラウンを用いたアースカラーのアイテム、和柄、幾何学模様を応用した相澤陽介の真骨頂である独特のパターンなどをハイライトとしてあげる一方、ビビッドなオレンジのベロアトラックスーツは来場者たちに大きなインパクトを与えたに違いない。

パリファッションウィークに関連するその他のニュースは、こちらをチェック。