Wikipedia の共同設立者によるSNSがローンチ

世界的なインターネット百科事典『Wikipedia(ウィキペディア)』の共同設立者であるJimmy Wales(ジミーウェールズ)が、密かに新たなソーシャルネットワークサービスを立ち上げたことが明らかとなった。

WT:Social』と名付けられたこの新しいSNSプラットフォームでは、既存の『Facebook』や『Twitter』などに類似するニュースフィード上で、気になる記事のリンクを共有し、コメントを残すことができる。コメントや“いいね”数の多い順で表示されるSNSサイトとは異なり『WT:Social』では一番新しい投稿が、ニュースフィードの最初に掲載されるという。更に、投稿型のソーシャルサイト『Reddit』のように、あるユーザーが関心事の分野について作成した投稿について、それを見た他のユーザーたちが議論をできる仕組みに。更に同SNS内では、政治、テック、音楽といった定番カテゴリーからマニアックなトピックまで幅広くジャンル分けされており、そこから利用者たちはそれぞれのテーマに適した場で意見を交わすことができるという。Jimmy氏のインタビューによると『WT:Social』は利用者からの募金から運営されるドネーション型の『Wikipedia』のビジネスモデルを踏襲すると説明。そして「広告で成り立つ某有名ソーシャルメディア企業の数々のビジネスモデルには問題がある。大きい利益を得るサイトこそ、間違った情報や質の低いコンテンツを提供している現状」と既存のSNSの問題点について指摘している。

そんな新たなソーシャルネットワーク『WT:Social』の利料金は、アメリカ基準で月額12.99ドル(約1,400円)/年額は100ドル(約1万900円)とのこと。また、11月6日(現地時間)の発表当日に2万5000人くらいのユーザーが登録していると発表していたが、投稿時点では既に16万人の会員数を達成している。

『Instagram』が、動画の編集/共有アプリTikTok を対抗する新機能 “Reels” を導入したことはご存知?