WISM x doublet より某通信企業のパロディロゴを散りばめた新作コラボアイテムが登場

独自の審美眼の元にセレクトされた有名無名問わない国内外のブランドのアイテムを揃え、国内外から注目を集める人気リテーラー『WISM』と、日本人初の「LVMH Prize」受賞という快挙を成し遂げたデザイナーの井野将之が手がける〈doublet(ダブレット)〉のお馴染みタッグより、またしてもユーモア溢れる新作コラボアイテムが登場。12月15日(土)より『WISM』国内3店舗にて開催となるポップアップストアで販売開始となる。

2018年7月には、90年代半ばに日本で絶大な人気を誇った“長期休暇”的なTVドラマからインスパイアを受けたTシャツを展開した『WISM』x〈doublet〉。そして2018年の最後を飾る今回、両者がモチーフとしたのは、1990年代前半に現在のスマートフォンのように衝撃的デビューを果たしたポケットベル、通称“ポケベル”。女子高生を中心に日本社会を席巻したポケベル時代における某大手通信企業のロゴをモチーフにしたグラフィックを随所に散りばめたロングスリーブTシャツ計5色が誕生し、かつての若者にとってはトキメキを感じさせ、現代の若者には新鮮味を与える逸品に仕上がっている。

“Bell-T”と題された本アイテムは、先述の通り12月15日(土)より『WISM』国内3店舗にて販売開始。価格は13,000円(税別)。また同日より〈doublet〉の2019年春夏コレクションも展開開始とのことなので、同コレクションのルックブックも改めてご確認を。