“ウッド・ストック” 50周年を記念するイベント Woodstock 50 が開催中止に

伝説の音楽フェスティバル「Woodstock Music and Art Festival(ウッドストック・フェスティバル)」の50周年を祝うイベント「Woodstock 50」の開催中止が正式発表された。

2019年3月に出演者の豪華ラインアップを大々的にアナウンスし、8月16日〜18日の期間で開かれる予定だった同イベント。しかし、開催地変更のトラブルをはじめ、アーティストや観客に影響を及ぼす治安面の問題、水源の確保、衛生施設の不備といった数々な原因から数ヶ月前より開催実現が疑問視されていた。資金面の多くを支えていた「Dentsu Aegis Network」が運営の不透明さを理由に撤退。その数日後、制作に携わっていたプロダクション側も手を引くことを表明し、「Woodstock 50」は開催キャンセルを余儀なくされた。

1969年に開かれた第1回目の「Woodstock Music and Art Festival」の主催者の1人であり、同イベントを企画していたMichael Lang(マイケル・ラング)氏は、「一連の予期せぬ現実的問題により、この記念すべきスペシャルなイベントの開催が不可能になってしまったことをとても悲しく思っている」とコメント。“投資者側による一方的な中止宣言”と、フェスティバル中止を否認し続けていた主催者側だが、今回の声明を通し、最終的に撤退する決断に至ったことを明かした。ちなみに本イベントはチケット販売すら行われなかった。

『HHHYPE』がお届けする、その他の最新ミュージック関連情報もお見逃しなく。