WOOLRICH と豪華日本人クリエイターらによるアートブックが4日間限定で渋谷にて無料配布

アメリカを代表するブランドのひとつ〈WOOLRICH(ウールリッチ)〉が、世界の第一線で活躍する日本人アーティストやクリエイターを起用したアートブック『WOOLRICH TOKYO ART BOOK』を制作。2019年8月30日(金)~9月2日(月)の4日間、渋谷・キャットストリート沿いのギャラリースペース『THE CORNER』の壁面に同冊がワイルドポスティングのように貼り出され、訪れた人々が自由に剥がして持ち帰ることが出来るかたちで無料配布が行われる。

1830年にアメリカ東海岸のペンシルベニア州北部にて創業し、180年を超える歴史のなかでアメリカ経済とともに発展を遂げてきた同国最古のアウトドアブランド〈WOOLRICH〉。創業者のJohn Rich(ジョン・リッチ)がゼロからブランドを築き上げたフロンティア精神をインスピレーション源に、アメリカという国の根底に自由と独立の精神“AMERICAN SOUL”を表現したのが、今回誕生したアートブックの『WOOLRICH TOKYO ART BOOK』だ。そして本プロジェクトをクリエイティブディレクターとして監修したのは、東京発のインターナショナルマガジン『Silver(シルバー)』の編集長・千葉琢也。カバーアートには、現在ニューヨークに拠点を置くアーティストの山口歴(やまぐち めぐる)を起用し、〈WOOLRICH〉のアイコンである赤黒の“バッファローチェック”柄をイメージしたオリジナルアートが生み出された。また、アートディレクターには東京を代表するアーティストとして注目されるYOSHIROTTEN(ヨシロットン)を起用。ブランドの歴史を独創的なコラージュアートで表現している。

気鋭写真家の山谷佑介による撮り下ろしのファッションエディトリアルでは、〈WOOLRICH〉の“哲学”を着るモデルとして、ファッションスタイリストの野口強、〈WTAPS(ダブルタップス)〉を手がけるデザイナーの西山徹、〈N.HOOLYWOOD(N.ハリウッド)〉を手がけるデザイナーの尾花大輔、ダンサーの菅原小春、モデルの萬波ユカ 、ジャズトランペット奏者の黒田卓也などといった豪華面々を起用。東京を象徴するクリエイターたちが抱える“AMERICAN SOUL”が切り撮られているほか、ニューヨークを拠点とするライターの佐久間裕美子が綴るエッセイ“My America”も収録。一冊を通して〈WOOLRICH〉の考える“AMERICAN SOUL”という自由や独立の精神が存分に表現されたものに仕上がっているとのこと。

ワイルドポスティング形式をとった無料配布が行われるイベント詳細は以下よりご確認を。『HHHYPE』がお届けするその他の最新アート関連ニュースの数々もお見逃しなく。

- 開催概要
日時:8月30日 (金)~9月2日(日)
時間:11:00 – 21:00
場所:THE CORNER
住所:東京都渋谷区神宮前5丁目29-1
 ※ピールオフは1名様1冊までとなります。
 ※配布されるアートブックは数に限りがあります。
 ※期間終了を待たずにポスティングが終了する場合がございます。
 ※近隣の店舗や住居、通行人の方の迷惑にならないようにご配慮ください。