Wu-Tang Clan の成り立ちを描く Hulu オリジナル作品のトレーラー映像が公開

ヒップホップ史に金字塔を打ち立てたスーパーグループWu-Tang Clan(ウータン・クラン)の生き様を描いた「Hulu(フールー)」オリジナル作品『Wu-Tang: An American Saga』の最新トレーラー映像が公開された。本作はRZA(レザ)の著書『The Wu-Tang Manual』と『 The Tao of Wu』からインスパイアされている。

脚本家のAlex Tse(アレックス・ツェー)が手がける本作は、クラックコカインが蔓延する1990年代初頭のアメリカ・ニューヨークを舞台にグループの成り立ちを描く。RZAを演じるのは、アカデミー受賞作品『ムーンライト』で知られるAshton Sanders(アシュトン・サンダース)。そのほか、Shameik Moore(シャメイク・ムーア)がRaekwon(レイクウォン)、Johnell Young(ジョンエル・ヤング)がGZA(ジザ)、Siddiq Saunderson(シディック・サンダーソン)がGhostface Killah(ゴーストフェイス・キラ)、Joey Bada$$(ジョーイ・バッドアス)がInspectah Deck(インスペクター・デック)、Dave East(デイブ・イースト)がMethod Man(メソッドマン)、TJ Atoms(TJ・アトムス)がOl’ Dirty Bastard(オール・ダーティー・バスタード)を演じる。

『Wu-Tang: An American Saga』は9月4日より「Hulu」にて配信開始。『HHHYPE』がお届けするその他エンターテイメント情報もお見逃しなく。