ヤマハ発動機が近未来型オートバイ MOTOROiD を東京モーターショーで世界初公開

「第45回東京モーターショー2017」の開催が間もなくに迫る中、「ヤマハ発動機」が“YAMAHA FUTURE GARAGE 響きあう未来へ。”と題した展示ブースの概要を明らかにした。今回は世界初披露のワールドプレミア6モデル、日本初披露のジャパンプレミア4モデルを含む電動アシスト自転車、スクーター、モーターサイクル、リーニング・マルチ・ホイール(LMW)、四輪車のデザインコンセプトモデルなど合わせて全20モデルを展示。その中でも、新しい感動体験の創出を目的に、知能化技術というインテリジェンスを用いて、人とマシンが共響するパーソナルモビリティを目指す概念検証実験機“MOTOROiD(モトロイド)”は、最注目の一台だろう。“UNLEASHED PROTOTYPE(常識からの解放)”をコンセプトに開発された同二輪車は、オーナーの存在を認識するなどまるで生きているようなインタラクション機能を持ち、新しい価値を生み出す技術の獲得を目指すとのことだ。

「ヤマハ発動機」の展示ブースの詳細はもちろん、「第45回東京モーターショー2017」の開催に備えて『HHHYPE』がお届けしているその他の自動車関連のニュースもチェックしておこう。