NBAでの活躍に期待がかかる渡邊雄太がメンフィス・グリズリーズで日本語教室を開始

日本人史上2人目となるNBAデビューを果たし、その活躍に注目が集まる渡邊雄太が、メンフィス・グリズリーズで日本語教室をスタートした。

あのダンス動画でチームやファンの心を掴み、早くもチームに溶け込んでいる@wacchi1013だが、グリズリーズの公式Twitterに投稿された“Japanese Word of the Day”では、渡邊がチームメイトたちに日本語の発音をレクチャーしている。第1回の単語は、“バスケットボール”。“Basukettoboru”という発音表記が表示され、それをKyle Anderson(カイル・アンダーソン)、JaMychal Green(ジャマイカル・グリーン)、Shelvin Mack(シェルビン・マック)、MarShon Brooks(マーション・ブルックス)らが実際に発音する動画は何とも微笑ましい限りである。

「シーズン終わりにはバイリンガルかも」という言葉も添えられており、動画はシリーズ化される見込みなので、次回の発音講座もお楽しみに。

この機会に、『HHHYPE』がお届けするその他のNBA情報もあわせてご確認を。