渡邊雄太が日本人として史上2人目となる NBA デビューを果たす

メンフィス・グリズリーズに所属する渡邊雄太が、10月27日(現地時間)に行なわれたフェニックス・サンズ戦にて、遂にNBAデビューを果たした。日本人プレイヤーがNBAの公式戦に出場するのは、2004年の田臥勇太以来、実に14年ぶり史上二人目の快挙となる。

渡邊はわずか5分の出場であったが、フリースローによる2得点と2リバウンドを記録。試合はグリズリーズが117-96でサンズを下している。試合後のインタビューでは、「たくさんの子供達がこの試合を見て、NBAを目指してくれることを期待しています」と語った。ちなみに渡邊が交わしている2ウェイ契約とは、シーズンの大部分をNBA傘下のGリーグチームにてプレイすることになるが、シーズン中45日間はNBAチームのロスターへ登録が可能となるもの。

下のプレイヤーよりその歴史的な一幕をチェックして、今後の渡邊の更なる活躍にも期待しよう。『HHHYPE』がお届けするその他NBAニュースもお見逃しなく。