ZOZOTOWN が千葉を拠点にする3球団と浮世絵師の三巴彫ひろとチームアップしたコラボカプセルを発売

ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』の運営会社である「株式会社ZOZO」が、本社所在地である千葉市を拠点とする千葉ロッテマリーンズ、ジェフユナイテッド市原・千葉、千葉ジェッツふなばしとのコラボアイテムを発表。

Tシャツ、ロングスリーブTシャツ、フーディ、ポスターからなる今回のコレクションでは、福浦和也選手、佐藤勇人選手、富樫勇樹選手ら各球団に所属するスター選手およびマスコットが浮世絵で描かれている。そのグラフィックを担当したのは、浮世絵師の三巴 彫ひろ(みともほりひろ)。三巴氏は、Post Malone(ポスト・マーロン)が東京滞在時に入れたタトゥーを手がけたアート集団「THREE TIDES」に在籍する。これらのプロダクト計22型は本日8月13日(火)から『ZOZOTOWN』にて期間限定発売。価格はTシャツが4,104円、ロンTが5,184円、フーディが7,020円、ポスターが2,700円(全て税込)となる。また、9月14日(土)〜16日(月)には『千葉市美術館』にて今回使用された浮世絵の原画展示が行われるので、気になる方はあわせてチェックしてみてはいかがだろうか。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。